FXで勝ちたいなら、勉強するしかない。

勉強せずに始めたFX。結果は当然・・・・・。今更だけど、楽せず一から勉強するっきゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドツボ

こんばんは。


いや~、ドツボのはまってます。w
ほんと、自分はFXが下手です。
結果論なんだけど、変なトレードしてしまうんです。


ロングの損切りをして、その瞬間から上げとなり、損切りの意味が無くなった上に、前の損失も含まれて損失広大。
まあ、最悪ではあるけど、ある意味良かったです。


何故かと言うと、変なトレードで損失が上手くカバー出来ると、結局それが根付いてしまうんです。
只でさえ、正しいトレードのみをするってのが、なかなか出来ないのに、更に変なラッキーで調子に乗ったらお仕舞いです。


自分は、少しの勝ちで調子に乗って、又、早く稼ぎたい焦りから、ロット数を増やして撃沈を、よくやらかします。
「やります」でなく「やらかします」っていう言葉、とてもピッタリだと思います。
「ま~た、同じ失敗繰り返したよ」が聞こえてきそうです。w


さて、この後は正しいトレードを行いました。
ユロドルが1.4400を越えてます(23時28分)
これが一時的でなく、更に上昇を続ければ、狙いは正しかったと言う事です。
もし、勢い付かず、下落していってストップとなれば、ルール通りの負けでしかないです。

つまり、負ければ当然「やらかした」分の大きな損失上乗せが待ってますが、勝っても負けても、最後はしっかりとトレードを元に戻せたとも言えます。


自分、デモでもリアルでも、結局熱くなりやすいんだなと思います。
しかし、自分のトレードが出来ての範囲なら、別に問題も無いでしょう。そういうのって、冷めるのも早いです。
それが、わけの判らないトレードでの失敗だと、どうしても「なんであんなトレードしたんだ」との後悔が頭から中々離れてくれなくて、冷めるのに時間が掛かってしまいます。

そういう時こそ、サッサと出掛けるなりして気分転換を図るべきですよね。
流石に雨の夜に出掛ける気にはなれませんでした。w
必至になって新しいチャンスを探すから、更に失敗する悪循環しかないのに。



さて、長々と書いてしまいましたが、明日は凄く久しぶりの立山に行ってこようと思ってます。
立山と言っても、頂上は目指しません。
天気も悪いし、雪も多いし。

森林が生い茂る位置で雨の散策です。
結構登山をしてますが、森林限界越えは、まだ今年は登った事が無いです。
新緑の魅力があるのに、岩と残雪の世界に行くのは勿体無いと思ったからです。
ここは去年に比べて変わったなと思います。

やはり風景写真を撮ると思い立ったからかも知れません。



とりあえず長々と書きましたが、書いていてリフレッシュされたので、もう気分は元通りです。
後は、リミットとストップを入れて放置です。


前日に負け越して、翌日は朝からトレード三昧だった先週末の失敗は繰り返しません。
夕方までは自然の中で。


楽しんできます。
では~。



切ろうかな・・・・・・・
寝つきが悪くなりそ。w






スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2011/06/13(月) 23:45:50|
  2. トレード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<< リフレーッシュ | ホーム | おはよう>>

コメント

おはようございます^^
今頃は立山で写真を撮っていい気分転換している頃でしょうか♪
自分も損切りした後で、損失カバーしようとロットを上げて大撃沈><
何度と繰り返しダメだと思いました^^;
熱くなりやすいから逆に今のチャートをあまり見ないトレードは自分に合ってるのかもしれません^^;
写真楽しみにしてますね~♪
  1. 2011/06/14(火) 09:05:23 |
  2. URL |
  3. 伊達猫 #9fpR9nnU
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

伊達猫さん、ただいまです。
思いっきりリフレッシュしてきましたよ。^^

  1. 2011/06/14(火) 18:50:33 |
  2. URL |
  3. yoshi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://last100man.blog63.fc2.com/tb.php/534-adb6ec57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。