FXで勝ちたいなら、勉強するしかない。

勉強せずに始めたFX。結果は当然・・・・・。今更だけど、楽せず一から勉強するっきゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日は遅番

おはようございます。


自分がトレードしているどの通貨も、既に雲の上となり、完全に吹っ切れた感じですね。
日足でユロドルを見ると、動きに迷いがあり、あれでは何処で入っても損切りだったんだなと、しみじみ思いました。


過去のチャートでも、あれだけ長く迷わせてくれるのはあまり無く、入る分だけ損失になっていく状況だったので、これは確かに痛かった。


私は最後ショートで入り、利上げ観測で負けてしまいました。
もしロングで入っていて、このまま上昇の流れについていければ、プラ転だってあったかもしれません。


単なる可能性ですが。



そう考えると、過去のチャートでも、今月ほど負けは無くても、少し我慢していたら大きく取れた場面がありますが、それって、本当に同じ方向で入れたのかな?と疑問に思ってしまいます。


もし、金曜日の出来事と同じで、間違って反対方向にエントリーしていたら、我慢も実を結びません。
つまり、こういう曖昧な手法は、過去のチャートだけでは判らないって事です。


今後も、エントリーの感覚を身に付ける為に、小さな枚数でコツコツとエントリーを重ねてみます。




さて、手法Aの方です。



日曜日にエントリーポイントを計算して出した結果、ロングの位置は近く、ショートの位置は相当遠かったです。
で、ちょっと迷ったのです。


先週は、東京時間でロング成立。
でも、欧州時間スタート辺り位にはストップ。


それが4回連続で発生しています。


その内、休みだった時は、リミットギリギリまでの上昇もあって、ストップを建値位置に移動出来ましたが、残りは損切り。仕事の合間に携帯をチェックして、ガッカリ。w



そんな事もあり、今朝8時に起床し、エントリーは抑えた方が良いかなと思って、チャートは見ず。
9時頃にチャートを見ると、なんと既にエントリーポイントを過ぎていました。


もし8時にそのままチャートを見ていたら、エントリーしていた状況だった事を考え、一応指値で注文を入れました。


すると、ものの2分でヒットしました。
だから、結局はロングエントリー成立となり、ショートは取り消し。


もし、最初から完全にロングのエントリーポイントギリギリか、もしくは上に値があったなら、ショートの注文だけを入れて放置していたでしょう。




このブログを書いている間に、既に負けそうな状態なんで、ちょっと後悔です。w
でも、ルール通りのエントリーなんで仕方無いです。


そして、速攻で負けてもショートは取りません。
往復ビンタを完全に防ぎ、負けは一日20Pips限定です。




ユロドル

1.3702(B)保有中
ストップ20、リミット60で放置




今週合計  ±0Pips
今月総合計 -430Pips




では、仕事に行ってきます。
スポンサーサイト

テーマ:FX外国為替情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2011/02/21(月) 09:31:54|
  2. トレード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<追加 | ホーム | くも>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://last100man.blog63.fc2.com/tb.php/446-6a5fe4df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。