FXで勝ちたいなら、勉強するしかない。

勉強せずに始めたFX。結果は当然・・・・・。今更だけど、楽せず一から勉強するっきゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アフター5

こんばんは。

今日は遅番でした。


遅番勤務の特権を利用して、午前中トレード。
そして、後悔しました。ww



で帰宅後、仕事の疲れを癒すため向かった先は、冷蔵庫のビールではなく、PCでした。(おいっ)


そして、負けました。w



今日はトレード回数が多いので、(現在ポジの分もあるし)チャート無しです。



最初、ユロドル

1.3546(S)
1.3561決算  ?15Pips


相変わらず雲です。下限でエントリー。そのまま上昇してしまいました。



ユロ円

112.90(S)
113.07決算  -17Pips


ユロドルが上昇って事は、ユロ円も上昇。
ポン円は微妙でしたが、ユーロだけは買われていました。
113.00の切りの良い数字まで、勢いがあったので、逆らってショートで入りました。
この時、ユロ円は雲の中でして、一応雲の上限近くでもありました。


しかし、なんていうか、流れが上向きなのに、ショート・・・・・・w


イメージとしては、一度は大台に乗る勢いだけど、それは無理だろうと下がるイメージ。

だけど、それならトレードは素早くすべきなのに、含み損が10Pipsある状態で、ストップを入れて仕事に出掛けました。多分引っ掛かるだろうなと思いつつもです。


何故決算出来なかったかと言うと、やはりまた損失になるのが嫌だったからですね。
もしかしたら、我慢してたら勝てるかもっていう期待を持ちたくもありました。



帰宅後は、ポン円


132.80(S)
132.86決算  -6Pips


これは雲の下限でエントリー

で、そのまま雲に入っていったのを見て、馬鹿の一つ覚えのショート連発ばかりしてどうする?と反省しました。
だから即切りました。




今週合計  -25Pips

今月総合計 +15Pips



これだけ負ければマイナスになってしまいます。

でも、まだトータルがプラスなのです。(プラス思考で考えよう)



ところで、10月末から11月初めにかけて、10回負けています。間に1回勝ってますが、+2Pips。
その時でさえ、メンタル的には大丈夫でした。


ところが、昨日一昨日のブログでも判るように、暗い感じになっています。
自分でも驚いたのですが、46Pipsのプラスを出した後、その利益が減る事に対して恐怖を感じました。


嫌な事ですが、負ける事には慣れてしまっています。w
でも、勝った後にそれに続けなくて、負けて損失が出る事に対しては免疫が無かったようです。


10月の時も同じような感じで、プラスからマイナスになったんですが・・・・・・・・
う?ん?



まあ、いっか。w



ちなみにポン円のショートを切った後、即ロングで入りました。



ユミンコさんのブログで感じた事が影響を与えました。

2010年11月17日の取引結果記事より抜粋

【第1位】

トレードタイミングをワンテンポ遅らせようと
考えてしまいがちな時


どちらかというと今まで書いた事は経験論の部分が大きいのですが、
栄えある1位は今でも時々陥る、
そんな駄目な状態の典型例です。


当たり前の事ではありますが、
トレード時間が終了した後にチャートを振り返れば、
どこでトレードするのがベストだったか、
それは誰にでも分かります。


そしてそのベストを求める為に
タイミングを見たりそもそもの自分の手法を磨く訳ですが、
どんなに手法を磨いても全く同じ相場というのは無いし
そもそも細かい判断は全て自分が行う訳ですので、
どんなに磨いても限界と言うものがあります。


でもそんな中で私が見つけた答えは、
”最初のタイミングで入る”
そんな当たり前と思える回答だったんです。


よく「じっくり待ってから注文!」とか
「押し目を狙え!」とかそんな言葉が語られますが、
それは単純に心理的な魅力だけであって本質ではないし、
安心を買う為にタイミングを逃している、
そんな危険な考え方なんです。


だからパターンに合致し、
そして「ここですよ」と客観的に判断した瞬間にそこでトレードするのが、
”出来る範囲内”でのベストなんです。



私のトレードは基本は、雲から出たら、一度戻るのを待ってからエントリーです。
でも、このトレードは負け易いです。

これで勝てるなら、誰でも勝てるでしょう。
だから、一応は吟味しています。


でも、「生き残りのディーリング」を読んだ時にも、矢口さんが同じような事を言っていました。
その時は、「そうは言っても、待てないと勝てないでしょ。」と思っていました。


だから、同じ事がユミンコさんからも出てきて、ハッとしました。


そこで、今回のポン円は切り返しを早めました。
下手なドテンは駄目とも前回書きましたが、今日は一応自分なりの理由があったので、ロングにしました。


今は、21時半を最高地点に、含み益がガンガン減っている状態でして、どうしようか悩んでいます。
しかし一応、保有しようかなと考えています。


ここ最近、ショートでばかり入っています。でも負け率はかなり高いです。
なんか、下がらなくなってきましたね。


ショートで負けた場数をかなり踏んでいるので、なんかロングで暫く保有してやりたいなと思っています。
暫く上昇していくんじゃないかと。


ポン円ですが、日足で8月7日の163.19からラインを引くと、レジスタンスラインが今は支持線になりつつあるんです。ドル円だって上昇を始めていますし、一気に上がる事はないとしても、一気に大暴落もないかなと。


もし再び大暴落するような事があるとしたら、皆がロングだロングだと浮かれ始めた時の油断の時ではないでしょうか。


まあ、シロート的な考え方ですが。w


そういって、含み益がマイナスストップになったらお笑いです。
でもそれ位の覚悟を持って保有しないと、結局は小刻みのストップの積み重ねでトータルで負けるんだなと感じています。



ああ、ポン円大分下落してるぅ。


もしかしたら、思ったよりも結果が早いかも。

続きは後日って事で。


では。


スポンサーサイト

テーマ:FX外国為替情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2010/11/18(木) 23:04:24|
  2. トレード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安全確保 | ホーム | 連敗中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://last100man.blog63.fc2.com/tb.php/349-fb9db60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。