FXで勝ちたいなら、勉強するしかない。

勉強せずに始めたFX。結果は当然・・・・・。今更だけど、楽せず一から勉強するっきゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FXは片手間で簡単に稼げるものなのか?

こんばんんは。

新しく買った本ですが、今回は一番読むスピードが早いです。
時間があった(旅行の移動中とか)のと、詠みやすいって事が理由です。


トレーダーの精神分析



この本ではメンターの存在の必要性が凄く書かれています。
どの分野でもトップの位置に行くには、それ相応の努力と、能力を引き伸ばしてくれる人の存在が必要だと説いています。

このメンターの存在ってのは大変難しく、そういう人が知り合いにいて指導してもらえる環境の人は少ないでしょう。また、幾つかサイトの紹介もありますが、そういう所って上手く機能するとは思えません。

そういう意味では、メンター部分の所はつい読み飛ばしてしまいたくなります。


しかし、じゃあ駄目かって言うと、そうでもないらしく、トレーディングは正規のメンタリングを受けないで、独学する「起業家的な技術」に入るそうです。


これは、フィギュアスケートや外科、心理療法等の自主学習だけでは不可能な分野と違い、独学でもトッププロレベルになれる分野と言う事だそうです。


しかし、条件がゆるいのは、逆に言えば誰でも挑戦出来るわけです。
そして、トレードの参戦には全くハンデが付けられずに、いきなりプロと戦う事になります。
ボクシングで例えるなら、本でパンチのフォームやルールを学んだ人が、いきなりプロ戦で殴りあうような物です。


つまり、安易に「汗水垂らさずに楽に稼いで・・・」なんて言う人は、戦った事のない人です。
また、「努力して努力して、そして稼げる」とも決まっていない世界です。


そういう世界ですが、それでもしなければならない条件があります。


1、その分野に対する強い関心と思い入れをもつ

2、高いパフォーマンスを上げるんだという強い願望を抱く

3、それに必要な努力と時間を惜しみなく投入する



また、本書ではこんな事も書かれています。


「トップパフォーマーは単に懸命な努力だけによって一流になれたのではない。彼らが成功したのは、その努力に値するニッチ(自分の性格と能力にフィットした得意分野)を見つけたからである」



つまり、自分のエッジを見つけて、そしてそれに対して努力しなさいって事です。



その分野で金を稼げるのがプロです。ならばFXで金を稼ぐのも、プロの仕事です。
プロの仕事であるならば、楽して簡単に、継続的に稼ぐなんてのは無理な話です。
結局の所は、努力を重ねていくしかないのです。




勝つ為には努力するしかない。


スポンサーサイト

テーマ:FX外国為替情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2010/10/24(日) 22:41:18|
  2. トレード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<難しい流れ | ホーム | 今週>>

コメント

kahanamokuです

同感です。
日々、努力ですね~!
  1. 2010/10/25(月) 07:58:27 |
  2. URL |
  3. kahanamoku #-
  4. [ 編集 ]

Re: kahanamokuです

おはようございます、kahanamokuさん。

お互い頑張りましょうね。
  1. 2010/10/25(月) 08:33:19 |
  2. URL |
  3. yoshi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://last100man.blog63.fc2.com/tb.php/327-9b68daba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。