FXで勝ちたいなら、勉強するしかない。

勉強せずに始めたFX。結果は当然・・・・・。今更だけど、楽せず一から勉強するっきゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悪く捉えるも良く捉えるも自分次第。

3月12日ポン円4時間足


用事の都合で16時まで待っていられず、フライング気味でポン円ロングをとりました。
でも、16時に出たインジケーターがあまり良くなく、何となく嫌な感じがしました。


そうなってくると次第に「でも、ストップを置いておいて、そのまま持っていたら上るかも」と思い始めました。

ですから、そう思った時点で決算しました。結果は薄利です。


後から出掛けて帰ってくると、ポン円もユロ円も上昇していました。


ユロ円は、ストップをビビリで上げて失敗した昨日の事を引きずってしまい、今朝は一時的な下げでストップに掛かったりと、チャンスロスをしまくり。

ここでの問題点は、昨日のトレードで、ストップ・リミットのイメージが作れなかった事です。
この時点で失敗でした。なまじ予想通りの動きになったものだから、別物としてトレード出来なかった。

分析をすると、ユロ円でトレードしても良かったのは昨日だけだったみたいです。そういう意味では、本物チャンスは一回だけだったのかも知れません。


ポン円は、仕方ありません。イメージが作れなかった。それに、ユロ円のような強いサインではありませんでした。
上昇は結果論。


じゃあ、何で今日はトレードしたの?となりそうですが、自分なりの分析結果ではポン円はチャンスの芽が出始めていました。でも16時の時点では雲行きが怪しかった。だから切りました。


「このまま持っていたら上るかも」「ここで切ったら、上昇した時に後悔するかも」
願望や希望が出た時点で終わっています。


最近思い始めた事があるのですが、ストップってある意味損切りが出来ない人用なのかなと。

側に居れない時は必要ですが、自分がチャートの前にいる時に入れるのって、つまりは損切り出来ないから。


「ここで切ったら、損失が確定する」「もしかしたら逆転して利益になるかも」
そうやって、ストップギリギリの場面を過ごす。

これ、マズイような気がしてなりません。
やっぱり判断の鈍さは致命的だと思うのです。


来週は願望や希望を一切入れずにトレードしようと思います。
そしてトレード前に必ずイメージを持つ。イメージが崩れたら、即決算。



ポン円136.40(B)
   136.45決算  +5Pips


今週合計  +82Pips

今月総合計 +18Pips


ちょっとだけプラスです。

来週はもっとシビアにトレードします。
そして、もっと勉強します。
スポンサーサイト

テーマ:FXデイトレード日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2010/03/12(金) 22:19:44|
  2. トレード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノートレ | ホーム | 損切りと新しいポジション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://last100man.blog63.fc2.com/tb.php/146-fb6ac202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。