FXで勝ちたいなら、勉強するしかない。

勉強せずに始めたFX。結果は当然・・・・・。今更だけど、楽せず一から勉強するっきゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっとずつ。

ブログ止めようかと思うくらいの状態です(爆)
何故かというと、別に書いても書かなくてもトレードと関係ないからです。


仕事にプライベートに、色々とありすぎて、トレードの練習時間もままならない。
だけど、毎日こなしています。

なので、昔より良くなってきてます。努力が実をつけ始めています。


もっと頑張って、稼ぐぞ~~~~~~!(今はデモです。w)
スポンサーサイト
  1. 2012/07/19(木) 22:29:04|
  2. 自己紹介
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:1

授業料

こんばんは。

いきなりですが、「高勝率トレード学のススメ」(Pan Rolling)から抜粋します。
P29~P30


「家庭用品とキッチン用具による血管手術で金を稼ぐ方法」
仮にこんなタイトルの本があったとして、こんな本を読んで暇な時間に家のガレージで心臓切開手術が出来るようになると思う人はまさかいないだろう。

ところがトレーディングになると、経験が殆どないか、まったく無いにも関わらず、1冊かそこらの本を読んでいきなりトレーディングで金を稼げると考える人は驚くほど沢山いる。

医者も弁護士もエンジニアも、プロとして生計を立てるようになるには何年も学校で学ばなければならない。

(途中省略)

電気技師、配管工、溶接工にしても最初はみんな見習いだ。どの世界でも、一日目から一人前の仕事をさせてくれるところは無い。たたき上げられてプロになっていくのである。

それなのに、なぜトレーダーは自分達だけは例外だと考えてしまうのだろうか。私に言わせれば、経験が殆ど無くても成功できるという甘い考えで、最も難しいプロの世界に足を踏み入れようとしているとしか思えない。
外科医になるのに何年もかかるのとまったく同じように、トレーダーもお金を稼げるようになるまでには時間がかかるのである。

(途中省略)

トレーディングを始めてから最初の2~3年は「学習期間」と位置づけるのがよいだろう。この期間は大儲けしようなどとは考えず、資金を減らさないこと、そして学ぶことに専念する。これは学校での学びの期間に匹敵する。

(以上)



私が最初の失敗したのは、スワップ派がもてはやされた時でした。
FXであろうが、他の事であろうが、それに時間を取られる事なく、不労所得として副収入を得ようと思っての事でした。

少し上手くいくと、最初は恐る恐るしていたのが、大胆になってきました。
そして大きくお金を失いました。


元々スワップという微々たるお金目当てで、ハイレバでもなかった(4~5倍)為、残りのお金で同じ事は出来なくなりました。
勿論、お金が無くなってなくても、恐ろしくて出来なかったかもしれません。


そして次に行ったのが、ブログの徘徊でした。
なんか上手くやってる風に見えたブログに注目し、そこで販売している商材を買えば、自分も上手く行くのではと幻想を抱きました。
更に最悪なのは、買ってからバックテストはしないのは当然として、その商材のルールすら厳守出来なかった事でした。
失ったお金を一秒でも早く取り戻したい、そんな気持ちで、更に痛手を受けました。


途中FXを止めた期間もあったけど、そういうのが暫く続きました。


そして去年の三月、ようやく自分で試行錯誤しながらトレードしていくしかないと判断しました。
止めるという選択肢が選べなかったのは、失った額の大きさや、収入の少なさ等がありました。
FX以外でも、色々と考えたけど、結局はどれも長続きしませんでした。

ただ、FXに比べたら、失ったお金は微々たるものでした。
少し時間を損した程度でした。(諦めも早かったし。w)


三月から現時点まで一年と約三ヶ月。学習期間が続いています。
大変勿体無い事に、大金を失った三月以前は、全然学習期間に入りません。
もし、最初から裁量トレードだったなら、まだ捨て金の中にも光る物が手に入っていたかも知れません。


高勝率は去年の後半に買ったので、これを意識してのトレードではありませんが、小額トレードだったお陰で、失ったお金は総額7万ちょっとでした。

今までの失い方からすると、相当な緩いスピードです。
色々とあって、貯金があまり出来ず、種は大して増やせてない状態だけど、減るスピードが遅いので助かってます。


自分は学習期間が更に必要かもしれません。
それでも、しつこく続けてる奴には、最後はそれなりに結果がついてくるはずです。
それなりというのは、少なくとも億トレーダーとかいうレベルではないです。

大きく稼ごうとせず、リスクマネージメントを徹底して、チョロチョトッと稼げるレベル。
ショボイ発言なのは判ってますが、一番到達しやすいレベル設定で、目標クリアを目指していきます。




2011年6月現時点(1年3ヶ月)

少しずつお金が減っている、勝ててないトレーダー。



中間記録として、自己紹介欄に入れておきます。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2011/06/18(土) 21:48:09|
  2. 自己紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自己紹介

こんにちは。Yoshiと言います。


サブプライム問題が起きる少し前からFXを始めました。

当時、スワップ派が流行っている時代でして、私も外貨預金の感覚で預金の2/3を運用していました。
勿論、最初は慎重に1枚だけをレバ2倍の運用でした。

それが上手く行くものだから、ついレバ4倍近くまで引き上げ、そして多くはないものの、コツコツ貯めた預金を費やしました。

自分の仕事は福祉関係ですが、手取りで20万を超える事は永遠にないし、何より他にやりたい夢がありました。


でも、それを実現するには時間が必要で、その時間を作るには仕事をしていられなく、時間とお金の問題で悩まされました。

だから、不労所得が得られるスワップが魅力的でした。焦りもありました。


大きく相場が下落した時、つい耐えれなくて底値で決算をしました。
そして、見る見る上昇を始め、当初にポジを持った位置まで戻ってしまいました。


再び下落を始めた時、自分の勘で「ここが底だろう」と思い、再びポジションを取ってしまいました。
そして、またしても損切り。


その為、資金の2/3を失いました。


その後、FX商材を購入してトレードしたり、自己流でエントリーしてみたりしました。


当時は1000通貨での取引が出来る業者が殆んど無かったとは言え、検証と言った意味も知らずに大きな額でトレードしていました。
21年末には、20枚でのトレードを行い、大敗しました。


スワップ狙いは出来ない。システムトレードも駄目だし、他の人のブログ記事に書かれているトレードを真似しても勝てない。

資金も大分無くなって、収入もショボイ。
夢を追う所か、将来の設計もままならない。どうしよう。


そう思った時に、ようやく自分で勉強し直してトレードするしかないとの結論に至りました。
最初から勉強すれば良いのに、馬鹿ですよね。


そして、22年3月から、試行錯誤をしながら裁量トレードを開始しました。


テーマ:FXデイトレード日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2010/05/19(水) 09:41:15|
  2. 自己紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。